TOP
48.43score

ケンイチ

スポンサー健康ネット

疲れ目の予防対策。どうすれば疲れにくくなる?

◎近代人は、仕事でパソコンを使うことが多く疲れ目対策が必要です。
 目が疲れるとイライラしたりするので仕事の効率も下がりますね。
 ●疲れ目対策は適度な休憩やリラックスをする時間が必要です。
 ・まずは、十分な睡眠が必要です。眼をリラックスさせるためにも6~8時間の睡眠が必要です。
  睡眠は、眼に光があたらないために眼球に負担がかからなくなります。
 ・単純なことですが目のまわりを蒸しタオルなどで温めて休めることを行いましょう。
  眼のまわりを温めることで血行が良くなり、眼のまわりの筋肉がほぐれます。温め、冷やすを繰り返すと
  さらに血行がよくなり効果が増します。
 ●パソコンの使用中は、緊張のためにまばたきが減るのでドライアイになります。
 ・適度な休憩が必要です。1時間の作業をすれば10分休めることを実行しましょう。
 ●疲れ目に効果的な栄養素を取ることを心がけましょう。
  いろいろありますが今から3種類のものを紹介しましょう。
 ①DHA(ドコサヘキサエン酸)
 ・DHAは、脳内よりも目に対して効果的言われています。さば、いわし、まぐろなどに多く含まれており
  視力改善の可能性も上がるといわれています。
 ②アントシアニン
 ・よく皆さんが疲れ目に聞くとなるとよく耳にすることがおおい物質です。
  疲れ目や視力低下を防ぐ効果があり主にブルーベリー、ブドウ、なすびに多く含まれると言われています。
  紫色が多い野菜にたくさん含まれています。
  アントシアニンアの効果には、即効性がありますしかし、24時間後には尿と一緒に排出されてしまいますので
  毎日こまめに取ることが必要です。
 ③ルテイン
 ・あまり聞きなれない名前ですがパソコンやスマートフォンなどから出ている有害なブルーライトから目を守る効果が
  あります。
  加齢からくる黄斑変性症や白内障などの発症のリスクを下げる効果があります。
  主にカボチャ、ブロッコリー、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

 日々実行できることを行うことで眼への負担を軽減し健康な状態を保つことができます。

  

.

最終更新日:2016-02-29 07:53

コメント (0)