TOP
42.80score

ケンイチ

スポンサー健康ネット

夏野菜を食べて健康に!!!

○暑い夏には、夏野菜を食べて乗り切りましょう!!!
・暑い夏には、トマトが最適です。最近、スーパーなどでもいろいろな種類を見ることが多いトマトですが古代ギリシャのことわざに「トマトが実れば医者が青くなる」というものがありぐらいトマトには、いろいろ健康に良い効果があるとされています。
・その旬の野菜には旬の効果が見込めるという意味もあります。
○夏野菜には、どんな効果があるの?
・ハウス野菜なども多く栽培されていますがやはり旬の野菜には、旬の野菜の効果がたくさんあります。夏野菜の多くには、水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれます。
・トマト、キュウリなど生でそのまま、サラダなんかで食べやすいものも多いのがうれしいですね。
●キュウリには、夏場の汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれています。キュウリ自体には、ビタミンCを壊してしまう酵素が含まれていますが、酢にその酵素の働きを抑える作用があるので、酢の物にして食べれば効率良くビタミンCが取れますし食欲がない夏場にも、さっぱりと食べることができます。
●ピーマンには、夏のこの時期は強い紫外線を受けやすい肌ですが皮膚の結合組織を作るコラーゲンの合成を助けたり、メラニン色素の沈着を防いだり、健やかな肌を保つためのビタミンCが豊富です。ビタミンCは調理によって壊れやすいのが問題ですが、ピーマンは組織が強いため、壊れにくく、安心して炒め物なんかで食べることができます。他には、皮膚や粘膜を健やかに保ちウイルスから身を守り夏風邪にも効果的なビタミンAも含まれてます。ビタミンAは油と一緒に取ることで吸収力が高まる栄養素です。ですから油での炒め物なんかが最適です。
●トマトには、抗酸化作用のあるビタミンAとCが豊富に含まれています。ビタミンEと一緒に取ることでより強力な抗酸化作用が期待できます。ビタミンEをたくさん含むオリーブオイルを使って調理することが最適と言えます。
夏場は、特に紫外線や暑さのストレスなどにより活性酸素のダメージを受けやすい季節ですから抗酸化作用のある野菜をとって体の内側からサビにくい体つくりをしましょう。
●ゴーヤには、ビタミンCを豊富に含む他に、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいます。夏場に汗をかくと失うカリウムも多く、むくみを解消し滞った代謝を促進します。特徴である苦味の成分は、食欲を刺激して夏バテ予防にも効果があります。

.

最終更新日:2016-07-31 19:34

コメント (0)